平成30年度 京都武田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2 6 3 9 29 49 92 208 366 200
当院を退院された患者さんの年齢階級べつの患者数です。
地域の方々に質の高い医療を提供しています。60歳以上の患者さん、特に80代の患者さんが多く、地域の高齢化を反映しています。
地域の医療機関、老人施設と連携を行っている特徴が表れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 58 46.2 20.9 3.4% 88.5
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 31 62.1 17.7 12.9% 91.1
100380xxxxxxxx 体液量減少症 20 68.0 9.1 10.0% 91.4
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 19 22.4 12.6 0.0% 88.2
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 16 77.5 12.1 18.8% 82.3
老人施設などとの連携により高齢者の受け入れが多くなっています。
そのため、平均在院日数は全国平均と比較しても長期になっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死,股関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 88 25.7 22.3 0.0% 65.3
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 32 76.7 26.3 6.3% 86.2
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 23 59.3 19.6 13.0% 82.7
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 22 29.5 24.3 0.0% 71.2
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 11 13.0 5.7 0.0% 59.8
人工関節センターのチーム医療によって質の高い医療を提供しています。変形性股関節症の患者が多く、次いで変形性膝関節症の患者が多くなっています。人工関節置換術は、通常入院翌日に施行し、平均で2~3週間の入院期間が必要です。しかし、患者さんの症状に応じてリハビリテーションを提供するため、それぞれで入院期間が異なっています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 9 60.0 19.6 0.0% 81.8
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 6 45.7 26.3 16.7% 82.7
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 処置2なし 5 51.8 19.3 0.0% 79.4
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 定義副傷病なし 3 59.3 14.4 0.0% 86.3
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 2 133.0 18.7 0.0% 81.0
地域連携パスで大腿骨の患者さんの受け入れを行っています。回復期リハビリテーション病棟1で専従のスタッフが質の高い医療を提供しています。脳卒中パスについても地域の医療機関と連携し、受け入れを行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 2 233.0 9.1 0.0% 92.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 2 93.0 20.9 0.0% 88.0
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり A-DROP スコア2 1 29.0 18.2 0.0% 97.0
060335xx99x00x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 1 19.0 10.7 0.0% 86.0
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア2 1 59.0 15.2 0.0% 78.0
消化器内科は、特に老人施設からの受け入れが中心となっています。平均年齢が高く、肺炎の患者についての受け入れが多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx9700xx 頻脈性不整脈 その他の手術あり 処置等1_なし,1,3あり 処置2なし 1 6.0 13.1 0.0% 88.0
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 1 8.0 12.1 0.0% 65.0
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 処置等1_なし,1,3あり 処置2なし 定義副傷病なし 1 5.0 11.0 0.0% 77.0
外科での入院受け入れは他診療科と比べても少ないですが、入院が必要な患者について対応を行っています。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x001 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳以上 3 13.7 13.5 0.0% 91.0
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全あり) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満 2 59.5 11.5 0.0% 79.5
100070xx99x101 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳以上 2 140.5 18.4 0.0% 91.5
100060xx99x000 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満 2 359.0 8.7 50.0% 79.5
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 1 70.0 13.9 0.0% 76.0
糖尿病センターを開設し、地域の糖尿病診療にさらに貢献すべく体制を一新致しました。現在日本糖尿病学会専門医と糖尿病療養指導士資格を有する多数のスタッフが糖尿病について、食事療法やお薬による血糖値のコントロールから、眼科による眼底検査等の合併症の検査・治療など専門的な糖尿病診療を幅広く行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 9 96.6 12.1 44.4% 81.2
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 2 3.0 16.3 0.0% 56.5
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 処置2なし 1 117.0 23.9 100.0% 79.0
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 1 7.0 12.6 0.0% 65.0
110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 手術なし 処置2なし 1 8.0 10.1 100.0% 90.0
透析導入後の外来通院透析について管理を行い、緊急時の入院受け入れ対応も行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 5 104.0 14.4 60.0% 75.4
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 5 14.2 7.3 20.0% 69.8
010069xx99000x 脳卒中の続発症 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 5 81.6 9.9 60.0% 81.2
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 3 169.3 16.1 33.3% 78.7
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 2 82.5 10.0 0.0% 82.0
脳卒中パスによる回復期リハビリテーション患者の受け入れを行っており、脳梗塞患者の受け入れが中心となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 4 1 7
大腸癌 5 1 7
乳癌 1 7
肺癌 4 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんについて集計期間に入院治療を行った初発患者の病気分類による患者数、再発患者の患者数を示しています。
がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期群類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」として集計しています。
がんの病気分類は、がんがどれくらい進行しているのかという病期・進行度を意味し、Stage0からStageⅣまであり、StageⅣが最も進行していることになります。なお、Stageの決定は、UICC(国際対がん連合)の病期分類に基づいています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 1 10.0 69.0
中等症 6 54.8 85.8
重症 17 41.2 89.5
超重症 1 20.0 86.0
不明 0 0 0
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(入院後発症の肺炎を除く)の患者さんが対象となります。日本呼吸器学会、成人市中肺炎診療ガイドライン、肺炎重症度分類の定義に基づき、入院時の状態から重症度を決定し、重症度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
誤嚥性肺炎はこの統計には集計されませんので少なくなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他 17 124.7 82.7 47.1%
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞である患者さんを対象として、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 84 2.4 23.5 0.0% 66.0
K0821 人工関節置換術(膝) 22 1.5 27.0 0.0% 71.2
K0461 骨折観血的手術(大腿) 18 2.6 79.3 5.6% 88.9
K0811 人工骨頭挿入術(股) 10 4.7 46.1 0.0% 80.8
K0462 骨折観血的手術(前腕) 7 1.3 5.0 0.0% 45.1
人工関節置換術(股)の患者さんが多く、次いで人工関節置換術(膝)の患者さんとなっています。
手術室にはバイオクリーンルーム(人工関節に適した清潔度の高い手術室)を設置しています。その清潔度は米国航空宇宙局(NASA)規格でクラス100と最高レベルです。また、術中には人工関節手術用ヘルメットを用い、適切な抗生物質投与も行うため、人工関節センターの設立以来、人工関節の感染の発生は皆無です。また、当院における手術はほとんどが整形外科領域のもので、特に人工関節の比率が高いことが特徴です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 48 0.1 1.0 0.0% 73.4
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 1 0.0 1.0 0.0% 75.0
水晶体再建術の患者が一番多く、117名となっています。 0泊1日(日帰り入院) 1泊2日 2泊3日と手術のスケジュールを立てることが可能です。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 5 1.0 0.4 0.0% 77.0
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 3 9.7 94.7 66.7% 83.7
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) 2 38.5 6.0 50.0% 85.0
K654 内視鏡的消化管止血術 1 13.0 60.0 100.0% 93.0
入院中の患者さんの容態に対応し、その都度処置を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 1 33.0 34.0 0.0% 82.0
血液透析患者さんのシャント血栓除去が多くなっています。血液透析センターと連携し、外来維持血液透析患者さんで、シャント手術が必要な患者さんについて治療を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 2 0.5 4.0 0.0% 82.5
外来にて手術が必要な患者さんが来院された場合、当院で対応する或は専門病院に紹介する等して対応を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 4 0.41%
異なる
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの少しでも改善すべきものとして定義されるものです。
更新履歴