事務部[採用要項・スケジュール]

[ 採用要項 ]

企業情報

設立 1981年
代表者 理事長 武田敏夫
管理者 病院長 武田敏也
病床数 240床
職員数 466名(正社員362名 非常勤104名)
病院所在地 〒600-8884 京都市下京区西七条南衣田町11番地
事業内容 医療・福祉事業
診療科目 内科・外科・整形外科・腎臓内科・神経内科・消化器内科・循環器内科・皮膚科・泌尿器科・眼科・リハビリテーション科・心療内科・脳神経科・頭痛外来・麻酔科・人工透析・訪問看護・人間ドック・脳ドック
平均年齢 事務部門36.6歳 看護部門32.5歳 総合リハビリテーション科29歳
病院全体平均年齢33.1歳
連絡先 〒600-8884 京都市下京区西七条南衣田町11番地
TEL:075-312-2355(総務部直通)
採用担当:千原
○採用に関する問い合わせ先:h.chihara@kyototakeda.jp
ホームページ http://www.kyototakeda.jp/

採用情報

職種 ①病院事務(総務、医事、経理、秘書)
②経営マネジメント職(幹部職候補)
業務内容
①病院事務業務内容
チーム医療のコーディネート、受付・電話応対、役員秘書・メディカルクラーク業務(医療秘書)、予約や書類に関する患者様対応全般、行政対応、診療報酬請求業務
※業務内容、キャリアアップの例
1年目:
受付及び患者様対応、役員秘書・メディカルクラーク業務(医療秘書)
受付は患者様と最初にお会いする病院の顔であるという自覚を持ち、患者様の受診調整を行いながら役員・医療秘書業務を通じ、配慮ある良き医療人になるための基礎を学ぶ
2年目:
受付及び患者様対応、病院品質向上にむけた企画書の作成、診療報酬請求業務の研修医療従事者の仕事の調整を行いながら行った仕事に最大限の価値をつけ、行政請求を行う基礎を学ぶ
3年目:
チーム医療のコーディネート、会議などの企画運営、診療報酬請求業務、行政対応補佐
当院の特徴である透析や人工関節、糖尿病、リハビリテーションの会議の企画運営を行いながら診療報酬請求業務と行政対応や監査対応の補佐を行う
②経営マネジメント職業務内容
病院管理、経営・職員マネジメント、広報活動、病院品質を向上させるための企画運営人事、経理事務、病院役員の補佐、行政対応、送迎業務
※業務内容、キャリアアップの例
1年目:
患者様、病院役員の補佐、病院管理についての研修
病院財産・設備・物品の管理や全職員の手本となるように業務を通して研修する
2年目:
経営品質を高めるための第三者評価受診補佐、院内稟議書(議案書)の作成
部署間の連携を行いながら第三者評価取得に向けての補佐、院内稟議書(議案書)の作成
3年目:
病院認知度を高めるための広報活動及び営業活動、第三者評価取得プロジェクトの参加
病院の価値や品質を高め、当院の取り組みや特徴を外部にPRする広報活動や営業活動の実施
勤務地 京都市内、もしくは関連施設
勤務時間 8:30~17:00

給与・福利厚生

給与 19万1800円(四大卒 基本給、調整手当、当直手当2回含む)
諸手当 通勤手当(半径2km以上で支給 上限23,000円)
当直手当
住宅手当
昇給 年1回(4月)※前年度実績による
賞与 年2回(夏季・冬季)※前年度実績による
休日休暇 4週8休制(シフト制)
特別休暇年末年始5日、夏期休暇2日
リフレッシュ休暇連続10日の取得を推奨
親孝行・子ども休暇
年次有給
育児休暇
慶弔
年間休日数110日
保健 社会保険(雇用・労災・健康・厚生年金保険)

採用データ

過去の採用実績 立命館大学、同志社大学、関西大学、京都産業大学、近畿大学
龍谷大学、大谷大学、佛教大学、京都ノートルダム女子大学
京都外国語大学、平安女学院大学、大手門学院大学、大阪学院大学
追手門学院大学、神戸学院大学、京都光華女子大学、帝塚山大学 他
必要資格 普通自動車免許(AT可)
採用人数 採用予定人数若干名
採用実績数(2017年)11名
応募対象 大学卒以上(学部学科不問)
必要提出書類/応募方法 ○提出書類:履歴書
○応募方法:採用担当者まで郵送のこと(6月1日より応募受付開始)

人事部からのコメント

京都武田病院で働いてもらう方に最も大切にしてもらいたいこと、それは「あいさつ」、「笑顔」、「接遇」の3つです。
その3つを基本とし、病院事務職員としての最大の使命が医療行為に対して、最大限の付加価値を付けて確実に収益に繋げることです。日々変化し続ける医療業界において、最新の情報を収集し・データ分析・視(み)える化することにより、医療の質・経営の質を向上させ、病院全体をマネジメントしていく役割も事務職員の業務内容です。
また、多職種間とのコミュニケーションを積極的にとることで、専門職の方々が一人の患者様に対して最適な医療が提供できるように、チーム医療をコーディネートする潤滑油の役割も事務職員が担います。
事務職は病院の中でも幅広く活躍する場があります。そして、医療機関という職場環境で、プロフェッショナルと一緒に仕事をすることで自分自身が大きく成長し、日々のやりがいに繋がっていきます。